日本大通り法律事務所 横浜 弁護士 日本大通り法律事務所 事務所概要
日本大通り法律事務所 トップページ (横浜 弁護士) 弁護士のご紹介 費用について 業務案内 法律相談 受付中 (オンライン予約) 法律相談 受付中 (オンライン予約)


【中小企業の皆様へ】
 中小企業を経営されている皆さんは様々な問題を抱えていることと思います。ところで、皆さんは、「弁護士」というと直ぐに「裁判」を思い浮かべるかも知れません。確かに、裁判は弁護士が担う大切な業務であり、民事的な争いが生じたときに、それを解決するための最終的な手段であることには間違いがありません。しかしながら、経営者の皆さんは、裁判に至らない段階でも、色々な問題を抱えていらっしゃるのではないでしょうか。例えば、
○取引先が契約内容を無視している
○新たな契約締結に当たって、不安がある
○従業員とのトラブルで揉めている
○顧客からのクレームに対する適切な対応方法を知りたい
○会社の再編について検討している
○会社の法的再生について、検討している
その中には、法律やその考え方で解決できる問題がたくさんあると思います。
当事務所では、こんな悩みを持つ中小企業の経営者の方々の力に少しでもなれたらと考えています。弁護士は、何も裁判のときだけ経営者の皆さまのお役に立てる訳ではありません。かような日常的に生じる悩み事のサポートも我々の業務になります。裁判にならないように、契約の内容や契約書をチェックしたり、経営に当たって生じる悩み事について、適宜相談に応じながら法的側面からサポートしたり、金融機関や取引先との交渉に当たって事前に協議し、状況によっては代理人として、あるいはオブザーバーとして同行したり、コンプライアンス等について管理職や従業員を対象とした研修を行ったりすることで、中小企業経営者に皆さんのお役に立てればと考えております。忙しい経営者の皆さんのために、こちらから事業所等にお伺いして相談に応じる「出張相談」もサービスとして提供しています。
【具体的なご相談項目】

1 取引開始に当たっての悩み事
・取引開始に当たって注意すべき事柄
・契約書を作成することの意味
・契約書作成に当たって注すべきこと
・契約書にはどんな内容を盛り込んだらいいのか

2 売掛金や貸付金の回収について
・取引先との交渉により効果的に回収する方法
・相殺により回収する方法
・取引先から強制的に回収する方法
・売掛金を回収するために、どの様な手を打っておくべきか

3 労働問題の悩み事
・従業員の労働環境や労働条件で問題となることはないか
・就業規則は作るべきか、何に注意すべきか
・セクハラやパワハラに対する対処方法
・従業員とのトラブルを未然に防ぐ方法

4 コンプライアンスの問題について
 最近「コンプライアンス」という言葉を耳にするが、どの様なことに気を付ければいいのか、適切な対処方法がわからないといった悩みもあると思います。コンプライアンスは、対策を誤ると、企業経営に決定的なダメージを受けることもありますので、慎重に対策を練っておくことが大切です。
・コンプライアンスとは何か
・コンプライアンスを遵守するための具体的な方策

5 融資や取引先との交渉
・取引銀行と融資条件や返済条件について交渉をしているが、なかなかこちらの状況を理解して貰えず交渉が進展しない、
・取引先と取引条件の交渉をしているが、一人で交渉するのでは法的視点から大切なことを見逃しそうで不安である、
といった悩みを抱えている経営者の方も多いと思います。

6 事業承継や会社経営に当たっての悩み事
 中小企業の経営者の皆さんの中には、団塊の世代の方が多いと思います。平成16年の時点で中小企業の経営者の平均年齢は58.5才、その経営者の多くが65才位で第一線から引退したいと考えているそうです。したがって、事業承継の問題は避けて通れません。専門家の意見を聞いて、きちんとした計画を立てて対策をしておかないと、会社経営を巡って対立が生じたり、下手をすると経営破綻の原因にもなりかねません。
・事業承継とは
・事業承継の具体的な方法

なお、従業員による機密情報・データの漏洩・持ち出し等の防止策、あるいは情報流出後の調査方法や法的対応の問題につきましては、「情報漏洩・労務管理問題」の欄をご参照ください。


日本大通り法律事務所 トップページサイトマップ